筋肉と食事のタイミング|効果的なメニューとレシピも公開

筋肉と食事のタイミング|効果的なメニューとレシピも公開

MENU
RSS

筋肉をつけたい時の食事のタイミング

筋肉をつけるためには、筋力トレーニングを行う必要があります。高負荷のトレーニングを行うと、筋肉の中の筋繊維が傷つき筋肉痛になります。

 

筋肉はたんぱく質で構成されているので、食事やサプリメントで良質のたんぱく質を摂取する事で、傷ついた筋繊維を修復してくれます。身体がこの作業を繰り返すことで筋力がアップし、力強く逞しい身体になるのです。

 

ですから食事やサプリメントを摂るタイミングとしては、トレーニング行い充分に刺激を与えたうえで、終了後30分以内に摂ることが理想とされ、この時間帯は筋肉を付けるためのゴールデンタイムとも呼ばれています。

 

トレーニングの前に食事をすると、酸素が食べた物を消化するために内臓で使われるので、パフォーマンスが低下したりします。また摂取したものが筋修復のために使われず、運動自体のエネルギー源として使われるので、タイミングとしてはふさわしくありません。

 

つまり、食事をとるタイミングとしてはトレーニング終了後のなるべく早い時間に、脂肪の少ない赤身の牛肉や鳥のささ身肉などのたんぱく質を摂り、ご飯や麺類などの炭水化物の摂取は出来るだけ少なくするような食事が最も効果的な方法と言えるでしょう。

 

 

 

筋肉量を増やすには食事が大切?

筋肉量を増やすためには食事量を増やすということが必須です。筋トレをして筋肉は付くのですが、その際には傷ついた筋繊維をより強く回復させるための栄養素が必須になります。

 

それはプロテインなどでもある程度は補えますが、基本は食事です。そして食事量を増やして筋トレを行うことによって、筋肉を大きくしていくことができるのです。

 

特殊な体質の人を除いて、筋肉が大きくならないというのは、食べる量が足りていない場合が多いのです。脂肪の燃焼は、筋トレを継続していけば勝手に代謝や成長ホルモンの影響で燃えていきます。

 

しかし、筋肥大は食べる量が少ないと一定以上はできなくなります。細マッチョくらいであれば簡単なので、食事は普通程度で問題ありません。無酸素運動のみで普通に食べていれば、細マッチョと言われるような感じになっていきます。

 

有酸素運動を交えると細くなりすぎる可能性があるのですが、ある程度しっかり食べているのであれば、有酸素運動も行った方が体全体にメリットがあります。

 

無酸素運動は全身の代謝や血流を促しますが、有酸素運動と組み合わせることによって、よりいっそう体の機能が向上します。

 

運動と食事くらいでしか体の機能向上ができないので、行った方が良いです。

 

 

 

筋肉を強くするのに効果的な食事でコンビニで買えるものがある?

筋トレをしている人たちへの食事として、コンビニでも買えるものがあります。中でも、タンパク質豊富なコンビニ弁当がおすすめです。

 

タンパク質は、筋肉を鍛えるためには不可欠な栄養素なのです。本来は自分でタンパク質たっぷりの食事を作るのがベストなのですが、忙しい人にはそれも無理があるでしょう。

 

コンビニ弁当で食事をするというのは、決して間違った考え方ではありません。とりわけ好ましいのが、サラダチキンです。高タンパクで、なおかつ低脂肪なのです。

 

約100gでタンパク質が23.8gもとれますので、サラダチキンさえあれば、筋肉強化のための1食分のタンパク質は補えてしまうという優れものです。ただ、若干塩分は多めに含まれていますので、血圧の高い人は控えるほうが無難です。

 

次に、スモークチキンです。ただ、タンパク質がとれる量が少ないですので、正式の食事としては足りません。おやつ程度で食べるのがいいでしょう。

 

また、ちくわもタンパク源としては期待できます。とはいえ、ちくわだけを食べても味があまりありませんので、満足感は得にくいです。

 

そして、忘れてはいけないのがプロテインバーです。

 

筋肉を強くするための食事をコンビニで買うのであれば、これらのものが期待できます。

 

 

 

効果的なメニュー、レシピが有りますか?

筋肉を付ける為にはどんな食事メニューがいいのかと質問されることがありますが、そりゃ体質ですよと答えています。

 

副作用で悪名高い筋肉増強剤を除けば、体質を上回る程の効果のあるものは有りません。食事メニューやレシピで如何にタンパク質類を強化しようと、体質が筋肉の生成に手を貸さねば筋肉強化にはなりません。

 

運動も同じです。それでも納得いかない方々が無理な食事メニューやレシピを実行し、健康を害されたり、大事な時間を浪費することになります。

 

筋肉が目的でなく筋力が目的なら、それならあるんですよ。筋力強化の最大の効果は運動ですね。

 

この場では運動に関しては差し控えますが、食事のレシピなどで筋力強化を図るなどと偉そうなことは言えません、あくまで裏方や補助的役割しか担えません。

 

そして推奨するのは、動物性タンパク質を中心としてビタミンミネラルを強化した食事です。そしてこれが一番大事なのですが、本人が美味しいと毎度毎度満足できることです。

 

動物性タンパク質を中心としてと真っ先に説明しましたが、肉を美味しくいただけるのはご飯のおかげなんですね。炭水化物のご飯です。

 

実は、この主食のご飯をどう扱うかで満足度が飛躍的に変わるのです。

 

身近ではすし飯とかありますが、構えることはありません。炊き込みご飯に手を加えたりすればいいのです。

 

 

 

筋肉に関して

筋肉と食事にまつわる話をたくさん解説していきました。ただ、食事で全てをなんとかしようとすると、現実的にはできない場合もあり得ます。

 

そういう場合には、別のやり方、例えば、プロテインを摂取したり、筋肉サプリを取り入れてみたりといったことも考えることができます。